Academy Practical Class

Practical Classがいよいよ今年度からスタートします。

Practical Classがいよいよ今年度からスタートします。

Basic Classでは「Community Basedな経済活動とは何か?」について探究してきました。
Practical Classでは、各地でCommunity Basedな事業を実践している方を協力者として迎え、「Community Basedな事業プランニング」をおこなっていきます。
一人ひとりが担い手として知恵やアイディアを持ち寄り、アイディアを形にするためのプロセス設計も含めてチャレンジできる、少人数制のゼミのような場をイメージしています。

Concept map

各クラスには、さまざまな分野の専門性をもつ「ナビゲーター」たちも参戦するので
特別な知識や経験などは必要ありません。
大切なのは、ひとりひとりがともに事業を生み出す「担い手」として、
一歩前に進めるために自身ができることをこの場に持ち寄りながら
具体的な「Make」を重ねていく姿勢があることです。

クラスに参加することを通じて「Community Basedな事業創出」に携わることができ、
実際に生み出すための行動を通じて、より深い学び合いにつなげていきます。

Program
今年はなにを「Make」する?

Practical Class 2021では、3つのクラスがスタートします。
モノづくり、農業(食)、芸術とまったく異なった領域で実践を積み重ねているプロフェッショナルの方々を
「共創パートナー」として迎え、彼らが実際にこれから取り組もうとしているチャレンジに対し、
ともに伴走していく仲間たちを募集します。

Class.01
甘酒開発を起点にした、里山の次なるビジネスモデルを考えよう!
世界一に選ばれたオーガニック米をつくる農家さんとコラボ!
長野県 飯山エリア

日本有数の豪雪地帯であり、雪解け水が運んだミネラルたっぷりの土壌で育つ良質のお米で有名な飯山エリア。その飯山にあるFaith Farm(フェイスファーム)では、様々な栽培方法や米作りについて学んだのちに実家を継いだ水野さんが日々の実践を重ねています。水野さんは「大切な人の健康」を守るために栄養価が高く体に優しいお米を栽培したいという想いから、地球環境にも優しい「ピロール農法」を採用。さらに米作りを始めて3年目には、「米・食味分析鑑定コンクール」で国際総合部門で金賞を受賞するなど、世界最高品質のお米に選ばれた実績をもち、世界的に注目されている方でもあります。

「土づくり20年」と言われており、自分たちの営みのひとつひとつが、里山の、そして地球のこれからの姿をつくっていく。そんな想いから、水野さんは「循環型農業」を選ぼうと決めました。肥料を新しく外から入れるのではなく大地からとれたものを大地に還元していく、など自然の恵みと共に生きる里山の豊かさを守るべく、挑戦を続けています。

このクラスでは、水野さんが現在開発を進めている「世界一米でつくる甘酒」の商品開発を起点にしつつ、お米作りを通じた里山式の循環型農業の具体的な事業計画を行っていきます。甘酒開発に留まらず、米農家の安定事業を応援する棚田オーナー制度づくり、お米の可能性をひろげる体験創出、地域協業型のプロジェクトの提案など、地域を巻き込んだ今後の Community Based なアクションを考案している水野さん。わたしたちが「大切にしたい」環境を持続可能な形で紡いでいくために、共に仲間になってこの取り組みを企画するところから伴走したい、という方を募集します。

Summary
Challenge挑戦
自らが、里山を舞台にした「循環型農業」モデルの実践事例となる!
Goalクラスの目的
事業計画作成と具体的な商品およびコミュニティ設計ができている状態
Let’s make!目的のためにすること
・「甘酒」の商品開発を起点にしつつ、次なるFaith Farmのビジネスモデルを計画
・Faith Farmの事業計画・スケジュール作成
・里山の循環型農業を支える商品およびコミュニティ設計
Welcome対象
・農業や一次産業に関わるCommunity Basedなビジネスに関心がある方。または取り組みはじめている方。
・日本が大切にしている里山や自然を舞台にした、Community Basedなビジネスモデルづくりを共につくりたい方。
・商品づくりやプロデュースを通じて、地域全体での Community Based なアクションをともに仕掛けていきたい方
Learning Companies
Learning Partners:
共創パートナー
水野 尚哉Naoya Mizuno
Faith Farm代表
Learning Navigators:
学びの道先案内人
福吉 貴英Takahide Fukuyoshi
(株)エヌ・アイ・プランニング ローカルデザイン事業部 部長
桜井 肖典Yukinori Sakurai
一般社団法人リリース共同代表
Community Based Economy 呼びかけ人代表
丸山 拓人Takuto Maruyama
一般社団法人リリース コミュニティアクティベーター
合同会社シーベジタブル
Schedule
開講期間
2021年11月〜2022年3月
(詳細の実施期間については各クラスの「Schedule」参照」
開講場所
オンライン開催
※無料オンライン会議ツール「Zoom」を使用します
募集人数
約8名/各クラス
対象者
・Basic Classに参加していた方
・Basic Classに参加していた方
・呼びかけ人の方からの「推薦」がある方
・すべての回に参加できる方
・少人数での実施を想定しているため、定員をオーバーするお申し込みがあった場合、すべての回にご参加いただける方や、フィールドワークに参加できる方を優先させていただく場合があることをご了承ください。
・日本語でのビジネスコミュニケーションに支障のない方
参加費
12万円+TAX
・上記のチケットをお持ちの方は、Practical Classの中で希望する1クラスへご参加いただけます。
・フィールドワークの実費分(交通費・宿泊費・食費等)は上記の金額には含まれておりません。
参加して欲しい人
・アイディアから形にしていくプロセスをともに実践し、学びあえる方
・パートナー、ナビゲーターたちとともに、ひとりの担い手としてともにこの場での学びをつくろうとする方
・本格的な事業化に向け、仲間と協働しながら真摯に取り組める方
・事業計画やスケジュール作成、広報計画など、新規事業創出のプロセスに必要な学びを、ともに深めたい方
・企業や組織の枠組みを超えたつながりの中で、自由でやさしい経済活動をつくる動きに関わりたい方
クラスの実施時間について
・進行状況により多少延長する場合があります。
・パートナーMTG後には、30分ほど「アフタートーク」という形での雑談の時間があります。(自由参加)
欠席者のフォローについて
どうしてもやむを得ない事情がある場合は、前日までに事前連絡をいただいてた方に限り、1回まで録画を共有します。
その他
・コミュニケーションツールとしては「slack」を使用する予定です。
・各クラスで、フィールドワークをおこなうことを想定しておりますが、新型コロナウイルスの状況に応じて開催の有無を決定する点をあらかじめご了承くださいませ。
TOP